カップとは違った趣を楽しめるコーヒーグラス

subpage01

コーヒーを愛飲される方なら、誰でもひとつは愛用のコーヒーカップをお持ちのことでしょう。
長く愛用するうちに手に馴染み、生活の一部となってゆく食器の中でも、コーヒーを楽しむカップはまた格別の存在となります。
そんなコーヒーカップに追随するような形で、近頃コーヒーグラスが注目されるようになりました。
コーヒーグラスはその名の示す通り、コーヒーを飲むためのグラスです。

一般にコーヒーカップはティーカップと比べると、底の直径と飲み口に当たる上部の直径がほぼ同じである造形が多く、一説にはコーヒーの風味や熱を逃がさないために、この造形になったのだと言われています。

コーヒーグラスもまた、そういったことを意識してか円柱に近い形のデザインが多く見られ、コーヒーカップとの一番の違いは、取っ手がついていないことになるでしょう。

グラスというのは、本来「ガラス」を意味する言葉でしたが、近年では広義にガラス製のコップを表す言葉として用いられるようになりました。

そこからさらに派生した意味で、素材を問わずコップのような形状のものをグラスと呼ぶ傾向が強まったためか、コーヒーグラスと形容されるものも実に多様な素材でつくられています。



ガラス製はもちろんのこと、陶器やウッド、金属製のものまであるというのですから、これまでのカップと同様に需要を伸ばしていく商品となることでしょう。

独自性の高い教えて!goo情報をお届けします。

取っ手のついていないコーヒーグラスは、熱過ぎるコーヒーを飲むにはあまり適していませんが、アイスコーヒーを目で楽しんだり、寒い日に両手を同時に温めることができる機能も持っています。

今後はお気に入りのコーヒーカップとグラス、両方を持っておく時代が訪れそうです。