種類に適したコーヒーグラスを使う

subpage01

一般的にコーヒーの味というのは、どのようなコーヒーグラスを用いたとしても味に遜色ないと考えられています。


しかし実際は形状や厚み、素材などにより大きく味わいが異なると考えられています。


しかも、色やデザインも味覚に関して影響があるとされています。

OKWave情報をお探しですか。

人それぞれ味の好みが異なるように、コーヒーグラスによって気分の変化も起こるものです。



こうした実情からコーヒーグラスを選ぶ時には、種類を知るところから始めると良いです。


一見一種類しか存在しないと思われることが多いコーヒーグラスですが、代表的なものとして4つの種類があり、各々は容量により使い分けされています。



最も有名なのが120ミリリットルから140ミリリットルの容量を飲むために最適なレギュラーカップです。


次に、180ミリリットルから250ミリリットルに適したマグカップがあります。
そして、カフェオレを楽しむためだけに生み出されたカフェオレボウルという物もあります。
同じように専用品としてエスプレッソ用のデミタスカップという小さなカップも見受けられます。
このように種類に応じて選ぶことができるので、大きさに関しては悩むことなく決められます。
ただし、コーヒーグラスの素材に関してはそれぞれの特徴を理解していなければ難しく感じてしまうでしょう。

最もよく使用されるのはガラスや陶器、時期ですが季節に応じてステンレスやホーローも採用されることを認識しておくと良いです。