二層構造によって断熱性に優れるコーヒーグラス

subpage01

温度変化が激しい場所で冷たいものを飲む場合には、多くの結露が生じて困ることがありますが、二層構造のコーヒーグラスを使うことによって解決できます。

このような構造については、魔法瓶や真空断熱ボトルと共通するものですが、ガラスの材質になっていることは大きな魅力です。
材質がアルミなどの金属の場合には、中間層を覗くことが不可能ですが、ガラスの材質であれば美しい状態で鑑賞できます。

livedoorニュースはかなり有益な情報が揃っています。

二層構造のコーヒーグラスは、内部には空気を含んだ状態になっています。このような構造のおかげで、外気の熱が強くても中には伝わりにくく、冷たい状態を長く維持できるようになるのです。中にアイスコーヒーを入れる場合には、通常のグラスであれば氷が余計に溶けてしまい、結果的には水っぽい風味に変わってしまうことが珍しくありません。

ところが、二層構造のコーヒーグラスを使えば、注いだばかりの状態を最後まで維持できるため、喫茶店でお話に夢中になっているときでも、美味しさが変わることがありません。



二層構造のコーヒーグラスは、喫茶店で重宝されるだけでなく、一般家庭でも必ず役立つものです。


お客さんにコーヒーを出す場合でも、水滴が付きにくい構造になっているおかげで、機能性を十分に発揮させることができます。

おもてなしの精神を充実させて飲み物を提供する場合において、断熱性に優れるコーヒーグラスは大活躍しますから、引っ越し直後に食器を買い揃えるときにも用意しておくと便利です。